ニュース(9条関連)

 ◆2012年
 01/13(金) 政治犯302人全員恩赦で釈放、経済制裁解除への可能性
 01/11(水) 「アフガン駐留米軍が反政府勢力タリバン兵の遺体に放尿」ネットへ流出 
 01/10(火) 原発推進派が無投票で再選、反対派擁立できず、北海道・泊村長選
 ◆2011年
 12/30(金) 米、サウジに大量兵器売却 イラン「ホルムズ海峡閉鎖」警告に対し
 12/28(水) 辺野古移設アセス市民拒否、沖縄県受理 知事「だが譲らぬ」
 12/27(火) 武器と関連技術の輸出を原則禁止「武器輸出三原則」の大幅緩和
 12/25(日) 国連予算4000億円、日本分担率2位 次期2ヵ年で約500億円
 12/24(土) ソ連崩壊20年後最大「12万人デモ」、民主化空約束に激怒
 12/21(水) 中国:軍事と政治拡張@軍事費と治安維持費急増A赤色貴族化
 12/18(日) 韓国大統領 従軍慰安婦問題の解決迫る 日本「解決済み」
 12/18(日) 「原発収束宣言」は、幕引きで情報隠しか、第5福竜丸ビキニ事件と同じ
 12/17(土) 閉鎖的な社会主義体制 金王朝の正日氏死去、正恩氏(28)三代世襲
      (死後2日察知できず、自身が国家犯罪の「首謀者」拉致事件も)
      (平壌宣言:拉致・核・ミサイルの包括的な解決図り、国交正常化を追求)
 12/16(金) 沖縄の地位協定見直し、米軍人の飲酒事故すべて「公務外」
 12/14(水) イラク戦争終結、中枢同時テロから10年 米支出約311兆円
      (死亡したイラク民間人は10万人以上、米兵の死者約4500人)
 12/14(水) 高校生は物心ついた頃からインターネットの世界、情報を吟味し活用
 11/17(木) 豪ダーウィンに米海兵隊員を駐留、南シナ海での中国を牽制
 11/13(日) 広島・長崎の原爆資料展がジュネーブ欧州国連本部に常設
 10/07(金) ノーベル平和賞受賞者アフリカ人女性3人、リベリアのサーリーフ大統領と
       平和活動家リーマ・ボウイー、イエメンの人権活動家タワックル・カルマンさん
      ・12/09 「孔子平和章」プーチン氏に、劉氏のノーベル平和賞に対抗
 09/22(木) オバマ「パレスチナ(支持は国連で多数)が国連加盟申請なら拒否権行使」

 09/11(日) 9.11テロから10年、米軍事費81%増、世界の軍事費50%増
 09/08(木) 前原誠司「PKOの武器使用緩和と武器輸出3原則の見直し」米で演説
 08/04(木) 来春から4年間 育鵬社の中学歴史教科書採用 全国10万人超
       (教員組合は「歴史を歪曲し戦争を美化する」として教委に抗議)
      ・09/01 広島・尾道市も育鵬社採択判明 8/31の採択期限を待ち公表
      ・09/13 沖縄の石垣市教育長や自民文科部会が文科省に要請「育鵬社採用」
      ・10/31 八重山地区で抗議、東京書籍版を採択し無償教科書が有償に
 08/02(火) 「中国の南シナ海進出やサイバー攻撃発信源に警戒感」防衛白書
      ・08/10 中国初の空母が来年就役予定 周辺国の脅威論や軍拡機運も
 07/27(水) 中国ではネットが証拠隠しの高速鉄道事故車両を掘り返す
 07/20(水) 米再び臨界前核実験(核爆発を伴わない) オバマ政権で3回目
       「プラハ宣言に立ち返れ」被爆者ら米大統領に憤り 
 07/15(日) 駐留米軍10万人のうち650人がアフガン撤退開始 14年に終了 
 07/11(月) 国威発揚30年間 最後のスペースシャトル宇宙基地到着
 06/07(火) 憲法改正をし易くするため「96条を2/3→1/2へ」議連発足約100名
 06/10(金) 「デモ隊を銃殺せよ」を拒み、シリア軍兵士120人が殺される
 06/01(水) 米国防省「サイバー攻撃は戦争行為、ミサイルで反撃」警告
 05/30(月) 国旗国歌法は「強制力無いが、職務命令は合憲」最高裁?
 05/23(月) 米、新型の核性能実験を2度行う 老朽化対策、「臨界前」を補完
 05/04(水) ファタハ・ハマスなどパレスチナ勢力が暫定政府樹立へ、エジプト仲介
 05/02(月) 米、丸腰のビンラディン殺害 オバマやクリントンら高官が生中継を観賞
 05/02(月) 米オバマ大統領、アフリカ・南太平洋の非核地帯条約批准に着手
 04/22(金) 集団自決の「沖縄ノート」訴訟で大江健三郎氏の勝訴が確定
 03/17(木) 中国から中東へ向かう船から大量の武器と核兵器の一部を押収 マレーシア紙
 03/14(月) 3/11 M9の東日本大地震と津波で福島原発の燃料棒露出 メルトダウン
      ・03/17 大江健三郎氏「日本は再び核の犠牲に」 ルモンド紙と会見
           「核エネルギーを産業効率の観点で考えるべきではない」
      ・03/25 「屋内退避している30Km圏内の住民に自主的な避難を要請」
      ・04/10 東京・高円寺で1万5千人反原発デモ「これ以上地球を汚すな」
          「子供たちに安全な水を」「議論はもう限界、行動しかない」
      ・04/12 原子炉を冷却し廃炉に不可欠な核燃料除去に10年以上、レベル最悪7
      ・05/02 1kワット時の発電コスト:原発10.68円、火力9.90円、水力7.26円
      ・05/18 福島原発の作業員「白血病になっても補償なし」誓約書にサイン
      ・06/28 東電の株主総会で脱原発否決(89%)、中部電・九電も否決
      ・07/13 九電元副社長がやらせ指示 玄海原発説明番組へのメール問題
      ・09/12 仏核施設内の金属処理工場で溶融炉爆発5人死傷 原発大国に衝撃
 03/10(木) 「国旗へ起立敬礼・君が代斉唱」拒否の都教職員167人に懲戒処分取り消し
 03/04(金) 中国国防費が前年比12.7%増の約7兆5千億円と公表、米国は15兆円と推測
 02/22(火) カダフィ退陣拒否 市民を無差別攻撃 法相や外交官離反 デモ隊後戻りできぬ
      ・03/08「カダフィが自身と家族の出国条件などで退陣打診」反体制派が表明
      ・03/19 安保理決議のもと、米英仏加伊がリビア市民保護の大義で軍事介入
      ・06/27 国際刑事裁判所が「人民への武力弾圧」でカダフィ大佐に逮捕状
      ・07/15 米欧40カ国が反体制派=国民評議会をリビアの正式政府として承認
      ・08/24 カダフィ政権崩壊、反体制派が政権中枢制圧
      ・09/06 中国企業3社が7月下旬、カダフィ派へ武器輸出打診=安保理違反 
 02/16(水) 「中国のネット規制は間違った道を進んでいる」クリントン米国務長官が批判
 02/05(土) 新戦略兵器削減条約発効、米露(世界の95%保有)が核の削減交渉へ
      ・米露が7年以内に配備戦略核弾頭数を核軍縮史上で最低水準の1550個に制限
      ・原発の廃棄物U238で作られた劣化ウラン弾は、削減対象ではない
      ・劣化ウラン弾による後遺症として脳障害、奇形児、肺がん、白血病など=原爆症、DNA変更
       (無差別大量破壊兵器の大型原子爆弾から狙撃の劣化ウラン弾=小型原子爆弾に替る)
 02/03(木) 「ウィキーリークスをノーベル平和賞推薦」ノルウェー議員 守秘義務より知る権利
 01/31(月) 「パキスタン核弾頭保有100発超か インドが60-100発」 民間研究者が推計
 01/29(土) エジプト騒乱状態 夜間外出禁止令無視して大統領の辞任要求 略奪も
      ・不満は長期独裁政権下での私利私欲、賄賂や高失業率・物価高騰による生活困窮
      ・エジプトやチュニジアでの反政府運動にフェースブックやツイッターの影響力が拡大
      ・01/31 エジプトの野党勢力「明日はゼネストと100万人デモ」計画
      ・国軍声明「デモやストは国民の正当な権利だ。軍は民衆に対し銃を向けない」
      ・ムバラク大統領9月(任期)に退陣表明、国民は満足せず即時辞任を要求
      ・02/11 独裁30年、ムバラク大統領カイロ脱出し辞任、エジプト軍が全権掌握
      ・02/14 エジプト考古学博物館からツタンカーメン王の副葬品など18点盗難
 01/19(水) 航空自衛隊などが在外邦人の緊急搬送訓練 朝鮮半島有事などに備え
 01/19(水) ふるさと納税による名護市への寄付急増 米軍普天間飛行場移設反対支援
 01/16(日) 米・イスラエルがイラン核施設へサイバー攻撃? 核開発数年遅れる
 01/14(金) チュニジアで独裁政権崩壊「ジャスミン革命」ネットやモバイルによる連携
      ・ベンアリ前大統領逃亡、陸軍トップが引導「お前は終わった」
 01/11(日) 北朝鮮の機関紙「平和協定交渉を米に再び呼びかけ半島の非核化へ」
      ・韓国に対し「大砲ではなく対話と交渉で北南の問題解決を呼びかける」
 01/11(日) 核兵器開発疑惑のイランが日本の経済制裁で1年以内に経済危機も
 01/11(日) 中国経済2010年:輸出は独を抜き世界1位 輸入は米に次ぐ2位 GDPも2位
 01/05(水) 中国軍、戦時危機下で核先制使用を検討 軍事理論に明記
 01/03(月) 自衛隊と韓国軍の間で部品や輸送などを協力できる締結を目指す

 ◆2010年
 12/28(火) 広島の秋葉市長がウラン濃縮施設や核開発に対し金正日総書記に抗議文
 12/20(月) 北朝鮮の党機関紙労働新聞「米韓の戦争挑発には、反戦・平和を守ろう」
 12/08(水) 「北朝鮮の韓国砲撃は国連憲章や休戦協定に違反する」と韓国が糾弾
 12/08(水) テロ防止のため空港でのボディスキャナーを2次審査に限定、国交省
 12/05(日) ウィキリークスによる米外交公電公開で各国首脳から酷評=「外交の9.11」
      ・トップシークレット無し、マニング上等兵にはアクセス不可
 12/05(日) 劉暁波氏のノーベル平和賞授賞式にウアルカイシ氏や柴玲氏ら出席
      ・劉氏授賞式欠席:招待された65カ国中17カ国が不参加
 11/30(火) 6カ国協議再開は、北朝鮮が核計画放棄の約束履行が前提、前原外相
 11/30(火) ウィキリークス外交文書25万件、在日米大使館の資料が3番目に多い
 11/30(火) ウィキリークスは世界安保への攻撃と強く非難、クリントン米長官
 11/23(火) 北が韓国領土を砲撃、民間人・兵士各2名死亡 負傷者19名 砲弾170発
      ・1953年の休戦協定違反、6カ国協議遠のく、日米韓が連携確認
 11/23(火) VOAによると「北朝鮮の複数高官が核弾頭の保有を表明」  
 11/22(月) 陸自を15万7千人 沖縄を倍増の4千人、防衛大綱
 11/21(日) 北朝鮮がウラン濃縮施設を公開、米国の情報収集能力に疑問
 11/20(土) NATOは仮想敵ロシアとミサイル防衛の協力、冷戦時代が遠い過去
 11/13(土) スー・チーさん7年半の自宅軟禁解除、軍政が影響軽微と判断?
 11/12(金) クラスター爆弾締約国会議に中国はオブザーバー参加したが、加盟拒否
 11/12(金) 広島で第11回ノーベル平和賞受賞者世界サミット開幕(12-14日) 
 11/09(火) ノーベル平和賞授賞式に「出席自粛を」 中国が各国政府に要請
 10/04(木) 「武器輸出3原則」見直しは、平和国家の看板を外し国益にならず 
 10/24(日) 「先ず、中国は言論の自由を尊重すべきだ」ノーベル委員長
      ・中国のネット利用4億人超 言論の自由と監視の争い
 10/24(日) 内部告発するウェブサイト「ウィキリークス」で米軍機密文書を公開
 10/15(金) 劉氏を含む政治犯の釈放と政治体制改革を要求、中国の知識人ら116名
 10/12(火) 反核を宣言しノーベル平和賞受賞のオバマ米大統領、なぜ核実験?
 10/08(金) 天安門事件リーダー劉暁波氏がノーベル平和賞受賞、中国の民主化後押し
      ・共産党の一党独裁を批判する「08憲章」を起草した中心人物
 10/06(水) 「PKOなど自衛隊派遣の武器使用を前向きに検討」前原外相
 09/27(月) 広島でのノーベル平和賞サミット(11月)にオバマ米大統領へ参加要請
 09/27(月) 拡大する武装無人機の需要、自国の人的被害を最小限に
      ・日本も無人偵察機3機購入
 09/22(水) 米軍兵士がアフガン市民を気晴らしで安易に殺害 イラクでも
 09/12(日) 普天間飛行場移設先の名護市議選、反対派が過半数を制し圧勝
 09/07(火) 「尖閣諸島沖で日本の巡視船が中国漁船に衝突してきた」中国・国営新華社
      ・日本側にビデオ撮影の証拠があるにも拘らず、中国名:釣魚島
 08/29(日) 空襲の実態「日本空襲デジタルアーカイブ」を米国人らが11月末ネットで公開
 08/26(木) 米国はイラクに戦争という病を持ち込み置き去り 政情不安、テロ頻発
      ・大義なき戦い7年、死者数:民間人約10万人、米兵4419人
 08/24(火) イラク駐留米軍戦闘任務を終了し、約5万人が治安部隊の訓練と支援で残る
 08/22(日) NYの9.11跡地近くにイスラム教のモスク計画、賛否両派がデモ
 08/20(土) 「イスラエルとPLO和平交渉9月2日開始 交渉期限1年」クリントン米長官
 08/15(日) 日本武道館で65回目の全国戦没者追悼式、約310万人の冥福を祈る
 08/14(土) 全国空襲被害者連絡協が東京で結成集会 民間人救済の法制化を求め
      ・100以上の都市が被災 約20団体が参加、空襲死者50万人超
 08/09(月) 広島に投下された兵器を「原子爆弾」と政府へ直ちに報告 同盟通信社傍受
 08/05(金) 潘基文国連事務総長が長崎に 核廃絶を訴えて 初の被爆地訪問 
 08/04(水) 広島市の平和宣言「核の傘」離脱と「非核3原則の法制化」を求める
 08/02(火) 秋葉平和市長会議会長(世界約4000都市、広島市長)がマグサイサイ賞受賞
 08/01(月) 市民主導のクラスター爆弾禁止条約発効、米中露の加盟を目指す
 07/28(水) 潘基文国連事務総長とルース駐日米大使が広島平和式典に出席へ、 英仏露も
 07/28(水) 首相の諮問機関が非核3原則と武器輸出3原則の見直し
 07/15(木) 「自衛隊のソマリア海賊対策、1年延長を了承」民主政調
 07/08(木) 沖縄の差別構造を国連で訴える 沖国大生が先住民族会議参加へ
 07/08(木) 「中国の軍事費は約12兆2千億円(公表の1.5倍)」軍幹部認める
 07/08(木) 哨戒艦沈没の調査結果に「科学的な裏付なし」と韓国市民団体
 07/06(火) イスラエル、パレスチナ自治区ガザへの搬入規制を緩和
 07/06(火) イスラエルがEU5カ国外相(伊仏英独西)にガザ訪問を要請
 07/04(日) 米、在沖縄米海兵隊のグアム移転費、増額要求 6月中旬
 06/28(月) 初の日米首脳会談「普天間飛行場を辺野古に移設」履行を確認
 06/28(月) オバマ米大統領トロントで「日米安保を今後更に50年間持続」
 06/23(水) 憲法調査会復活は参院選(07/11)後、 民主党枝野幹事長が表明
 06/15(火) アフガンに約92兆円もの鉄・銅・リチウムなど資源埋蔵 ボリビアに匹敵?
 06/04(金) 鳩山首相 普天間移転の不適切な対応で幹事長と共倒れ 総辞職
 05/31(月) イスラエル特殊部隊がガザ国際支援船団を強襲 10人以上死亡、謝罪せず
 05/28(金) 福島党首「社民党と私は沖縄を裏切ることはできない」 署名を拒否し罷免される
 05/28(金) 政府の裏切りに怒りと失望 沖縄県民「命を懸けても抵抗する」
 05/28(金) 日米共同声明「辺野古に移設」を明記、沖縄県民と連立政権の合意を得ずに強行
 05/24(月) 中国人遺族らの遺棄毒ガス賠償請求を棄却 東京地裁
 05/27(木) 沖縄に現存する核貯蔵施設:辺野古、嘉手納、那覇、ナイキハーキュリーズ基地
 05/22(土) 日米合意 普天間飛行場を辺野古に移設、 沖縄県知事「大変遺憾だ」 
 05/20(木) 狭い沖縄に在日米軍基地(134基地)の74%が偏在、沖縄本島の18%にあたる
 05/20(木) 海外に駐留する米軍費用の負担 日本74% ドイツ24%
 05/20(木) 海外駐留の米海兵隊員数 1)日本約17000人 2)フィリッピン約400人
 05/20(木) 首都圏に巨大な基地 横田に空軍、横須賀に海軍、在日米軍約50.000人
 05/20(木) 世界の25カ国(イラク,アフガン除く)に米軍基地、総計約12万人 欧州最大の基地2700人
 05/18(火) 憲法改正手続きの国民投票法が施行、だが憲法審規程など未整備
 05/04(火) 首相「日米同盟や抑止力の観点から県外移設は難しい」沖縄県民に詫びる
 05/04(火) 米 最高機密の核保有数5113発を公表、67年度から84%削減
 04/30(金) イラク、アフガンに米本土から無人爆撃機を遠隔操作、誤爆で民間人巻き添え
 04/29(木) 「アルカイダのビンラディンは核兵器入手を狙う」元側近が証言
 04/25(日) 普天間問題で超党派の沖縄県民大会 県外・国外移設要求、9万人参加
 04/12(月) オバマが首相に「何も進んでないじゃないか、最後までやり通せるのか」
 04/08(木) 配備戦略核1550に制限 米ロ新核軍縮条約に調印
 03/20(土) 普天間移設の政府案目指し23日協議 調整なお難航
 03/10(水) 4月に普天間問題で超党派の沖縄県民大会へ 県外・国外移設要求 
 03/09(火) 「沖縄への核再持ち込み合意は密約、更なる解明を期待」沖縄
 03/08(月) 外務省有識者委が60年安保の核持ち込みなどの密約を報告
 02/12(金) 小沢幹事長 2005年10月の日米合意1ヶ月後 辺野古に広大な土地を購入
 01/30(土) 「辺野古に基地を造ることを、沖縄県民も社民党も許さない」福島党首
 01/24(日) 名護市長選 県外移設派当選 「普天間問題の決着5月末までに」鳩山首相
 01/15(金) インド洋給油活動終了、01年の米中枢テロから米英などに給油
 01/13(水) 自衛隊中枢に米兵を毎年100人以上受け入れ対米依存を強める
 01/13(水) 「日米安保改定50年を迎え感謝、益々の深化が肝要」鳩山首相
      ・マニフェスト「地位協定を含め安保体制を見直す」
 01/12(火) 「日本は世界に向けて平和国家を宣言してる」鳩山首相が明言
 01/12(火) オランダ調査委「安保理に背いたイラク戦争は国際法違反」

 ◆2009年
 12/30(水) 鳩山首相、米に対し普天間移設を年内に解決 「Please trust me、...」 
 12/15(火) パキスタンのイスラム武装勢力は10代の少年達を思想教育で自爆要員に 
 12/15(火) 英がイスラエル前外相に逮捕状、昨年末から新年のガザ大規模攻撃で
 12/14(月) 東京大空襲による民間被災者の賠償請求が棄却。なぜ軍人だけに補償?
 12/10(火) ノーベル平和賞受賞オバマ演説「戦争の必要悪」は陳腐で傲慢
 12/02(火) オバマ、アフガンへ3万人増派 計約10万人、撤退開始は2011年7月
 11/30(月) 立ち入り禁止マンションに政党ビラ配り、 罰金5万 拘束23日間 家宅捜索
 11/21(土) 60年安保改定時の「密約」で、国是である非核3原則の偽りを外相認める
      ・1974年、非核3原則を示したことによって佐藤首相がノーベル平和賞を受賞)
 11/15(日) 1998年、米は「普天間の県外移設は可能」と伝達、日米非公式会議
 11/10(火) アフガン復興支援の民生分野に5年で総額50億$、米大統領に伝達
 11/04(水) オノ・ヨーコさんベトナム反戦歌の収益を紛争復興基金に寄付
 10/20(火) 核軍縮国際委は「2025年までに世界の核兵器を相当数削減」で合意
 10/17(土) 広島市長らが核軍縮国際委に「2020年までの核廃絶」を呼びかける
 10/09(土) オバマ米大統領ノーベル平和賞受賞、世界が支援「核なき世界」
      ・なぜ米軍はアフガニスタンに増派?「紛争解決には、対話と交渉」)    
 09/30(水) 「1986年米ソが核廃絶でほぼ合意、レーガンのSDIで幻となる」シュルツ
 09/20(月) 安保理で「核なき世界」決議案が合意、24日に全会一致採択へ
 09/20(月) 「核密約」の有識者による調査を10月下旬から、岡田外相
 09/13(日) 核廃絶賢人国際会議で、日本の委員が「核の傘」論を表明し牽制
 09/12(土) 米が「核なき世界」の実現に向けて、国連安保理に決議案提示
 09/02(水) アフガンへの対テロ戦争に反対57%、CNN世論調査、過去最高
 08/23(日) アジア14カ国医師団、「核廃絶が人類の健康と地球環境を守る必要条件」
 08/21(金) 政府は地裁で「沖縄返還時の密約文書を否定し米側が勝手に作成」と主張
 08/18(火) 核兵器廃絶を訴える「長崎高校生平和大使」がジュネーブへ、今年で12回目
 08/12(水) 兵器用核分裂物質生産禁止の早期妥結、核兵器の先制不使用、中国外相
 08/10(月) 戦時下に犬・猫の供出命令、兵隊の防寒用毛皮や食料に(2007.1.22付け)
 08/08(土) 「核の傘」依存やめよ、池田香代子氏(世界平和7人委)らがアピール
 08/08(土) 平和市長会議(核廃絶目指す)に千葉市が加盟、平和都市宣言20周年
 08/01(土) 広島から米大統領オバマへ「ノーモア核を全世界が唱えて欲しい」
 07/31(金) 日本の政・官が「オバマの核廃絶」を反対し、米政府に働き掛けている
 07/19(日) ベルギー「非核3原則」法制化へ、核の使用・製造・貯蔵(米の配備)を禁止
 07/17(金) 民主一転「給油継続」、米国に配慮し現実路線、特措法期限(来年1/15)まで
 07/15(水) 政府、クラスター爆弾禁止条約、批准手続き完了=保有爆弾廃棄へ
 07/14(火) 自民・河野外務委員長「日米安保改定時、政府の核密約否定は、虚偽答弁」
 07/06(月) 海自がソマリアへ第2次派遣、緊急避難や正当防衛に関係なく射撃が可能
 07/03(金) 「核の番人」ともいわれる国際原子力機関(IAEA)事務局長に天野氏
 06/22(月) ブレア前英首相、イラク戦争参戦報告書の非公開を要請
 06/16(火) テレビ局免許の更新に放送内容を審査対象に(答申案)
 06/09(火) 憲法改悪原案を審議する憲法審査会規定を制定へ、衆院11日にも
 06/01(月) 敵基地攻撃論=防衛目的の先制攻撃を、9日には否定(防衛計画の大綱)
 05/31(日) 60年日米安保で、「核艦船などの寄港」密約在り、非核3原則を破る
      (当時の外務事務次官4人が証言するが、政府は頑なに否定。米の公文書開示は90年代末)
      (国家が国民に平然とウソをつき、国民はそれを許してる=主権は国家?)
      ・1967年、佐藤時代の非核三原則、核兵器を持たず・作らず・持ち込ませず
      ・1969年、沖縄返還交渉時に密約「核持込の容認と米軍施設移転費負担」(毎日新聞西山記者スクープ)
      ・1974年10月、ラロック証言「核兵器搭載の艦船は日本に寄港する際、わざわざ核兵器を降ろすことはしない」
      ・1974年11月、田中時代に密約から容認(非核三原則の修正)を検討し、米国の核の傘を明確化しようとする
      ・1981年、ライシャワー発言「日米間の了解の下で、アメリカ海軍の艦船が核兵器を積んで日本の基地に寄港」
 05/18(月) ノーベル平和賞受賞者17名が核兵器廃絶「ヒロシマ・ナガサキ宣言」を発表し
      各国に呼び掛ける。(幕張での「9条世界会議」がきっかけ)
 05/16(土) 遂に、ソマリアの海賊対策に陸海空3軍が揃い踏み、陸自壮行会、空自のP3C露払い
      (国際貢献の隠れ蓑を外ずし、厚かましくも本音の国益で堂々と出陣)
 05/05(火) イラク戦争、SFまがいのロボ戦、無人戦闘機や武装ロボット車で誤爆多発
 04/24(金) 自衛隊がソマリアに行く是非論ではなく、自衛隊の存在が違憲。
      (軍事力世界5位、軍事費5兆円、隊員24万人、今では事後承認の海外派遣や武器使用討議)
 04/18(土) 米アフガン担当代表「日本に民生の貢献訴え、自衛隊派遣を求めず」
 04/17(金) 防衛省、ソマリアで空から護衛する海自のP3C2機派遣を指示(5/31着)
      (ソマリアの海賊は、諸外国の軍隊派遣を海賊行為とみなしてる)
 04/05(日) オバマ大統領プラハで、核廃絶へ具体的な目標示す演説 
 03/14(土) 海賊対策の護衛艦、法案成立を待たずに呉港を出港しソマリアへ
      (東南アジアの海賊対策として、これまでに海保が9割激減させた。なのになぜ海自?
       オバマ新政権からの軽視を恐れ、急いで新たな派兵先捜しを海賊退治に求めた。)
 03/12(木) 仏がNATO統合軍事機構への完全復帰を宣言、独自防衛戦略を転換 
 03/06(金) イラク、アフガンの米兵、外傷性脳損傷30万人(1/6)、国防総省推計
 02/18(水) オバマ戦略、イラクからアフガンへ1万7千人増派、日本に協力要請
 01/30(金) リーマンショック後、世界で約4500兆円の個人資産消失
 01/24(土) 1000兆円、1991年以降の中東紛争による経済的損失額
 01/23(金) ガザ攻撃は、イスラエルがハマスにロケット弾を撃たせるよう仕向けて、報復と称して
       陸海空から攻撃。そして自国の選挙と米大統領就任式を前にして一方的に停戦
 01/20(火) オバマ変革、国際協調路線で核廃絶とパレスチナ和平を期待
 01/19(月) 日本ペンクラブ、ガザの恒久的な安全と平和を求める連帯声明を発表
 01/18(日) イスラエルが一方的停戦、ハマスも1週間停止、死者1300人以上
 01/09(金) イスラエルもパレスチナのハマスも国連の停戦決議を拒否
 01/07(水) エジプト遅すぎる停戦案、ガザへの攻撃で死者635人、負傷者2900人

◆2008年
 12/27(土) イスラエル軍ガザを攻撃、殲滅と抗戦で市民が多数死亡、9条が正しい。
 12/22(月) 非核3原則ノーベル平和賞の佐藤前首相、米による核使用を容認(公文書)
 12/08(月) 1941年の今日真珠湾攻撃、米は11/1に日本への奇襲攻撃を企むが断念
 12/03(水) 日本など90カ国クラスター禁止条約署名。但し大量保有の米露中が不参加
 11/28(金) イラク復興支援で空輸活動する空自の年内撤収を日本政府が決定
 11/28(金) イラク議会が、米軍による今後3年間の駐留継続、地位協定案を承認
 11/24(月) 1945年3月大阪大空襲による民間の負傷者、遺族が12月8日に国を提訴へ
        (小宮さんの実姉、堺市に住む安野輝子さん(69)が原告団の1人)   
 11/16(日) イラク、米軍による駐留継続で地位協定案を承認  
 11/14(木) 日本の男女平等98位/130国、北欧トップ、フィリッピン6位、中国57位、韓国108位
 11/11(火) 9条の下、戦争を美化したり必要悪を唱える政治家は憲法違反
 10/27(月) 米の非軍用機にも地位協定の壁 捜査協力なく沖縄反発
        (地位協定:米による日本占領政策の一環)
 10/08(水) アフガンがタリバンと和解交渉。米軍主導の対テロ戦争では解決できず
 10/08(水) 米がアフガン軍増強費として、非派遣の日本などに1兆7300億円要求
 10/03(金) 沖縄返還時の密約を米国は公開、日本は開示を再請求するも公文書なしと拒絶
 09/25(木) 原子力空母が横須賀を母港化、今までは長崎・佐世保に寄港するのみ  
 09/23(火) 日本の政治家と公務員の汚職に関する清潔度は、18位/180カ国
 09/19(金) 公務員が赤旗を配布、政治的行為の制限違反で罰金10万円の判決
 09/11(木) 天皇家批判の映画「天皇伝説」のポスターを張る55歳の監督を逮捕 
 09/11(木) イラク支援:派遣の航空自衛隊を年内に撤収へ 国連決議期限切れ
 09/05(金) 沖縄返還時の密約を米国は公開、日本は開示請求するも密約なしと拒絶 
 08/27(水) さいたま市で国連軍縮会議、1989年以降、毎年日本で開催し20回目
 08/15(金) 高校生平和大使が、核廃絶を求めて長崎からジュネーブの国連欧州本部へ
 08/10(日) 早乙女勝元氏「2月時点で、昭和天皇には戦争を長引かせた責任がある」

 沖縄返還時の密約を米国は公開、「米軍用地の原状回復補償費400万$を肩代わりしただけでなく、
 有事の際、核持ち込みや朝鮮半島へ在日米軍基地から出撃するなどの密約が存在した」ことがうかがわれる。
 自らも空襲に遭い「東京大空襲・戦災資料センター」の館長を務める作家の早乙女勝元さん(76)は、
 近衛文麿元首相が昭和天皇に終戦を勧めた「近衛上奏文」が1945年2月に出されたことを挙げ「昭和天皇には戦争を
 長引かせた責任がある。この時に適切に判断していれば、東京大空襲も沖縄の地上戦もなかった」と指摘。

 08/08(金) 放射能漏れ原潜の佐世保入港拒否 長崎県が外務省に表明
 08/07(木)「いいかげんにして」 相次ぐ米原潜ヒューストンの放射能漏れに、地元怒る
 08/06(水)「原爆の日」ローマ/ウィーンでも原爆追悼式典 
 08/06(水)「原爆の日」福田首相は「非核三原則を堅持し、核兵器廃絶と恒久平和」を誓う
 07/19(土) 原子力空母ジョージ・ワシントン配備撤回求め、横須賀で1万人が集会
 06/25(水) エチオピアで12万人の子ども餓死の危機、食料価格の高騰や干ばつ
 06/24(火) 安保懇が集団自衛権行使容認を提言、首相は否定
 06/22(日) 国民投票法の成立後、憲法審査会が1年以上も空白に
 06/18(水) 自衛隊派遣恒久法案、臨時国会への提出見送る
 06/16(月) 空自が参加する多国籍軍のイラク駐留(国連決議)期限が年末で切れる
 06/16(月) 与党は臨時国会で新テロ特措法の延長法案を提出する方針
 06/13(金) 米高官が日本の常任理事国条件として、危険な国連平和維持活動を要請
 06/10(火) 韓国で100万人集会、BSE問題で政府への抗議行動
 06/10(火) 日本の軍事費436億ドル、世界5位、2008年版年鑑
 05/30(金)「四川大地震の救援物資輸送」を、自衛隊機からチャーター機に使用変更 
 05/30(金)「クラスター爆弾使用全面禁止」に日本も同意し、自衛隊保有分を廃棄へ
 05/26(月)「イスラエルが核兵器150個保有」元米大統領カーター言明
 05/06(火)「9条世界会議」(各地)に、3日間で延べ3万人以上が参加し閉会
 05/04(日)「9条は世界に希望を与え続ける」、9条世界会議(幕張メッセ)に15000人参加
 05/03(土) 憲法記念日のテーマ、9条「戦争放棄と武器不保持」と25条「生存権」
       朝日新聞の世論調査、9条改定:反対66%、 賛成23%
       読売新聞の世論調査、憲法改定:反対43.1%、賛成42.5%
 04/29(火) 1959年「米軍の駐留は9条違反」にマッカーサーが露骨な介入:公文書で判明
 04/28(月) 地域・職場等の「9条の会」が7000 を突破 
 04/25(金) 2008年「在日米軍駐留経費」(思いやり予算)、1416億円を承認
 04/22(火) 法学者140人「民主主義社会において、ビラ配布は表現の自由である」
 04/17(木) イラク派遣の空自、戦闘地域に武装兵空輸、憲法九条にも特措法にも違反
       但し、自衛隊派遣差し止めは退けられる 
 04/09(水) 湯川博士「憲法9条擁護し核廃絶」に執念 1948年アインシュタインと約束
 04/04(金)「靖国」上映中止の背後に、自民「靖国派議員」の事前検閲と圧力 
      「靖国」の上映中止に抗議し広く公開を求める声明、日本ジャーナリスト会議
 04/03(木) 22歳米兵(ナイジェリア国籍)を逮捕、横須賀でタクシー運転手刺殺
 04/01(火)「憲法9条が世界文化遺産として登録」支援者がエイプリルフール“号外”
 03/28(金) 沖縄の集団自決は「軍が深く関与」、元守備隊長らの請求棄却
      兵員不足に悩む米軍は奨学金7万2千ドルで貧困の学生を必死に勧誘
 03/26(水) イラクの悪夢に12万人がさいなまれ、戦場の兵士にも抗うつ剤
 03/25(火) 政府は、海外派遣を随時可能にする「恒久法」を今国会に提出する
 03/23(日) 米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する沖縄県民大会
 03/13(木) 自民沖縄県連が、党本部に地位協定見直しを要請へ
 03/11(火) 石破防衛相、「安保条約見直しの議論」沖縄知事らに表明 
 03/06(木) 高村外相、スーダンのPKOに自衛隊参加の検討を表明
 03/05(水) 今月中旬、沖縄の米軍演習場キャンプハンセンで陸上自衛隊が初訓練
 02/24(日)「相手がよけると思った」漁船清徳丸確認のイージス艦見張り員供述
 02/21(木) インド洋上で海自によるパキスタン艦艇に補給活動、ほぼ4カ月ぶり
 02/20(水) 沖縄米兵に外出禁止と22日を「反省の日」 女子中学生暴行事件で
 02/19(火) イージス艦が漁船と衝突 マグロ漁の2人不明 千葉・野島崎沖
 02/13(水) 自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法、自民が着手
 02/10(日)基地の街、沖縄で米海兵隊員による少女暴行事件、日米安保の犠牲
       岩国市長選で艦載機移転容認派が当選し米軍再編に弾みか?新補助金を検討
 02/07(木) 普天間移設先の名護市に米軍再編交付金を支給へ  
      普天間移設で沖縄県が環境影響評価本調査(アセス)開始へ前向き
 02/04(月) テロ特措法の交換公文に、燃料使途の事後検証を米国に譲歩し盛り込めず
 02/01(金)「新宿御苑が地対空誘導弾パトリオット展開の有力候補地」防衛相が明言
      「防衛省の再編構想 制服組と背広組が協力して大臣を支える」防衛相
 01/29(火) 政府は、イスラエル・シリア軍監視でゴラン高原への自衛隊派遣を半年延長
 01/25(金) 海自の補給艦が、佐世保基地を出港(派遣部隊は340人規模)
 01/24(木) 海自の護衛艦が、横須賀基地から今日インド洋に出航、中断3カ月余り
     社民党は「外国艦船への給油活動は、違憲
 01/19(木) 新テロ特措法 世論調査  賛成   反対
                朝日新聞  44%   44%
                毎日新聞  41   50
                読売新聞  45   43
                共同通信  38.8  46.7
 01/11(金) 衆院57年ぶり再議決 2/3以上の賛成で対テロ新法が成立
      「憲政史上の汚点」として、野党が再議決成立を批判
      小沢代表が再議決退席 大阪の選挙応援を優先し批判相次ぐ
 
新テロ特措法:アフガニスタンへの武器流入や麻薬流出を防ぐために、海上阻止活動に従事
       しているインド洋上の他国艦船への給油・給水に限定。1年間の時限立法。